insect

体温計にはどんな種類があるの?

2020年から2021年にかけて、多くの体温計を見る機会が多くなったのではないでしょうか?

飲食店に入る時にモニタータイプの検温機器があったり、衣料点に入る時に店員さんに検温してもらったり。
体温計に触れる機会も多くなってきています。

そんな体温計ですが、測定方式によって3つのタイプに分かれるのはご存知でしょうか?
測定方法は実測式、予測式、赤外線感知式に分かれます。

測定方式の違いを知ることは体温計を選びにも役立ちます。

体温計の測定方式で何が違うの?

体温計の測定方式は3つのタイプに分けられます。

  • 実測式
  • 予測式
  • 赤外線感知式

こちらの3タイプに分けられるのですが、 じつは”体温測定が完了するまでの速さ”や”測定温度の精度”が変わってきます。
どのような違いがあるか見てみましょう。

実測式体温計の特徴

実測式の体温計は、実際の体温を測定するタイプのもので、ワキや口に体温計を当てて測定します。
5分程度で検温が完了します。

予測式体温計の特徴

予測式体温計の測定方法は、体温計をワキに挟んだ時に、温度の上昇具合を感知して、実際の温度を予測します。
30秒〜1分程度で検温が完了します。

赤外線感知式体温計の特徴

赤外線感知式の測定方法は、人が発する赤外線を感知して温度を測定します。
1秒で検温が完了します。

どうでしょうか?
違いは確認できましたでしょうか?
このような違いがございます。

3タイプの体温計の測定温度の精度は?

体温計を購入するにあたり、気になるのが測定温度の精度。
実際に3タイプの温度計を使い、どれくらいの誤差があるのか確認しました。

測定日 実測式 予測式 赤外線式
1日目 36.4℃ 36.4℃ 36.6℃
2日目 36.1℃ 36.3℃ 36.2℃
3日目 36.8℃ 36.5℃ 36.7℃
4日目 36.6℃ 36.7℃ 36.5℃
5日目 36.3℃ 36.6℃ 36.4℃
6日目 36.6℃ 36.7℃ 36.8℃
7日目 36.5℃ 36.6℃ 36.7℃

実際に測定してみると、
実測式の体温計を基準にすると、
予測式では、平均0.07度
赤外線感知式では、平均0.08度

上記の違いがありました。

赤外線の選び方

赤外線の選び方としては、
医師による精密な検査を要する場合には、実測式をオススメします。

自宅でご利用する体温計としては、予測式、赤外線感知式をオススメします。
その中でもさらに精度を優先する場合は、予測式。
測定時の速さや使いやすさを優先する場合は赤外線感知式。

体温計の選び方に迷った場合は、このような基準にして選んでみてください。

商品が気になる!と思ったら
注文ボタンをクリック

スマホとつながる

電子温度計

送料込み

2800円

お役立ち情報

– 豆知識 –

コロナ重症化を防ぐためには

健康を維持するためには、コロナウイルスが体内で増殖する前に、早めにコロナウイルスを見つけて専門機関に相談することです。
コロナ感染でよくある初期症状を知って、同じ症状がある場合は早めにチェックしておきましょう。

体温計にはどんな種類がある?

2020年から2021年にかけて、いろんなタイプの体温計が発売されるようになりました。 どんな体温計があるの?特徴も知りたい。そんな方におすすめの記事になっています。